軽視してない?地味にありがたいガールズバーの送迎について

ガールズバーにおいての送迎とは?

ガールズバーは深夜にバイトが終わるから、終電の関係でバイトしづらいって人も多いよね。
でも、送迎があるお店だったら働きやすいんじゃないかな?
わたしのお店も送迎があるから、終電を気にせず働いてるよ♪

送迎は、お店から距離が遠い子や、終電後まで働いてる子を家まで送ってくれるシステムだよ。
簡単に言えばタクシーみたいな感じかな。実はキャバクラだと極々当たり前のシステムだったりする。
お店で雇ってるドライバーが家まで送ってくれるから、終電とか全然気にする必要なし♪
終電逃しちゃっても安心のシステムだね。

ただ、ガールズバーの場合は送迎ありのお店ってかなり少なめ。
キャバクラみたいにはいかないから気を付けてね。
送迎があるお店は、求人にちゃんと書いてるから、見て応募したほうがいいかも。それか直接聞いてみるべし!

ガールズバーの送迎代の相場

ちなみにガールズバーの送迎は料金取られます(笑)
たまに送迎無料の場合もあるけど、ほとんどのお店が徴収すると考えておいてね。
料金相場は1回あたり500円くらい。送迎代はその都度払いじゃなくて、給料から引かれる仕組みだよ。
もし1ヶ月に20回送迎を使った場合、1万円が給料から差し引かれるね。

電車より高くつく場合もあるけど、家まで送ってもらえるのは凄く便利!
特にお店から家まで遠い人とか送迎使ったほうが楽だよ。

送ってもらう距離により金額は変動

ただし、送迎代は距離によって変わることもある!
一般的な相場は500円だけど、距離がかなり遠い場合はこれを上回る場合もあるよ。
だって送迎をするにしても、お店側は経費の負担があるからね。
例えば送ってくれるドライバーに払う費用とか、ガソリン代とか。

基本的に距離が短ければ安くて、遠くなるほど高い。実際にどのくらい掛かるかはお店によるから、一度入店前に相談してみてね。
もし電車より料金が高いと感じたら、逆に終電上がりにするのがいいかも。
勤務時間は短くなるけど、電車代のほうが安くつくからね。

「送迎」と言っても迎えには来ない

もう一つ気を付けておきたいのが、「送迎」って言葉の意味が普通とは少し違うこと!
送迎って言うと、「送り」と「迎え」のセットが思い浮かぶよね。確かに普通なら迎えにも来てくれるし、その後は送ってくれる。
でも、ガールズバーの送迎はあくまでも「送り」だけ!バイトが終わった後、家まで送り届けてくれるだけなのです(笑)

逆に家まで「迎え」には来てくれないから、そこだけ間違えないように気を付けて!
お店まで行く時は、あくまでも自分で行かなきゃいけない。家の前で待ってても誰も来てくれません(苦笑)
ただ、キャバクラとか他のナイトワークもこの点は同じ。帰りだけ送ってもらえる、と考えておいてね。

いつでも・誰でも送迎してもらえるわけでは無い

更に注意したいのが、誰でも送迎してもらえるわけじゃないこと!
いつでも利用できるとは限らないのも気を付けてほしいかな。
例えばだけど、次に当てはまる場合は送ってもらうのが難しいよ。

送迎してもらえない可能性のある子

送迎が使えない可能性が高い人は、だいたい次の3つのどれかに当てはまる人。

出勤日数が少ない子
売上が低い子
体調が悪そうな子

出勤日数が少ないと、お店への貢献度も低い。
だから送ってもらうのは至難の業だね。ただ、出勤日数が多くても売上が少ない子も気を付けたほうがいい。

あと、体調が悪そう・実際に悪い子も実は送迎が難しい。
送迎中に吐いたり、酔って暴れたり色んなリスクがあるから、ドライバーが嫌がるんだよね。
むしろ体調悪い時は早退がおすすめかな。

片道の距離が長すぎる

距離が長すぎる場合も難しいね。例えば片道1時間半~2時間も掛かるような場合じゃ、ドライバーの負担も増えるしガソリン代もかさむ。
だから送迎の利用はヒジョーに難しい…。結局自力で帰らなきゃダメになるけど、もっと近場のお店でバイトしたほうが通勤も楽だね。

逆に送迎してもらえる距離は、お店から片道40分前後が目安になるよ。
ただ、1時間程度までが限度かな?実際は各お店ごとに送迎可能な範囲があるから、これも確認しておいたほうがいいね。

電車が動いている時間帯

送迎が使える時間帯は、ほとんどのお店が終電後。電車がまだ動いてる時間帯は送迎してもらえないよ。
お店に「送迎してほしい」と頼んでも「いや、電車で帰ってね~」と言われるのがオチ(笑)
まあ、お店にメチャクチャ貢献してる子だったら送迎が使えるかもしれない。
そこまで貢献するのが難しいと思うけどね。

何にしても、電車が動いてる時間帯は無理だと考えておいてね。
送迎あくまで最終手段、と思っておくべきかな。